価格     ★★★★★★★★★☆
希少価値 ★★★★★★★★★☆
認知度   ★★★★★★★★★★
硬度     ★★★★★★★☆☆☆

『健康』『幸運』『叡智』『繁栄』 属する天体『金星』5月の誕生石

緑の宝石の王と呼ばれ、宝石の中で最も古い歴史がある。西洋で代表的な石で、キリストの最後の晩餐に用いられた聖杯がエメラルドでできている。 由来はギリシャ語の『スマラグド(緑の石)』からきている。
知的パワーが強く、健康や富はもちろんのこと全宇宙の叡智を掌握する力を秘めていると信じられていたため、古代社会の王や富豪、賢者に重宝された。法律家を志す人向きの石で、裁判や論争に勝利する力を持つ。また、緑という青々としげった葉を連想させることから生命力を司るとも伝えられ、特に古来から目の病気に効くとされていた。
かつてのインカ帝国ではダチョウの卵ほどもあるエメラルド『ウミナの巨石』と名付けられた世界最大級の塊が崇められていたと言われ、現在それはジャングルの密林に眠るとされているが、見つかってはいない。
現存する世界最大のエメラルドはタイにある「エメラルド寺院」に安置される仏像に埋め込まれていて、その大きさは1m以上。エメラルドの産出地はほとんどが南米コロンビアで、この「エメラルド寺院」のものがどこから発掘され、どうやって運ばれたのかは不明である。
最上級品質のエメラルドはコロンビアで産出される『トラピッツェ』という、中心に混入した放射状の結晶物から生まれる歯車型の模様が入った石で、かなり希少価値が高い。

エメラルド


TOPへ戻る
TOPへ戻る